* MAIN MENU *
top
治し屋 鬼頭のこだわり
医者がすすめる理学整体
現代の医学では治らない、治せない 腰痛手術に待った!
おもいっきりDONで紹介されました
 
 
 
 
 
 
* 理学整体*
治すとは何か?
理学整体とは
理学整体の理論
医者がすすめる理学整体
体験報告@ 椎間板ヘルニア
体験報告A 腰痛・歩行困難
日本理学整体学会本部
理学整体の出版物
 
※ お知らせ ※
 
理学整体グループ
 
 
 
 
* 腰痛の常識 *
腰痛の常識のウソ
椎間板ヘルニアの治し方
脊柱管狭窄症の治し方
消炎鎮痛剤の恐怖
知らないと怖い、腰の負担
運動療法に物申す@
運動療法に物申すA
ストレッチは筋肉を硬くする
 
 
 
 
 
* 各症状の治し方 *
慢性腰痛
坐骨神経痛
足のしびれ
膝痛
股関節痛
肩こり
頭痛
手のしびれ
生理痛・生理不順
不妊症
胃痛・胸焼け
便秘
* 鬼頭健康院ご案内*
院長紹介
アクセス
料金
リンク
 
 
さくら健康院に通院の方へ
 
気になるニュース 
 

         お知らせ  

*******************************

日本テレビ『おもいっきり DON!』で理学整体が紹介されました。(10.30)

******************************

 

理学整体の新刊 ごま書房新社から9月末発売 

タイトル

『現代の医学では治らない、

治せない 腰痛手術に待った!』

 

著 日本理学整体学会会長 酒井和彦

 

     現代の医学では治らない、治せない腰痛手術に待った! 日本理学整体学会会長 酒井健康院院長 酒井和彦 名古屋市東区/大曽根駅より徒歩5分 理学整体 鬼頭健康院

 

******************************

     整形外科で治せない腰痛・ヘルニアを治す!

     腰痛・ヘルニアが治った無痛療法の奇跡

     腰痛・関節痛に医者も手術もいらない!

     あきらめるな!我慢できない腰痛・慢性痛はこの手で治す!   

     あなたの腰痛・体の痛みは私が治す!

 

 

 

通院エリア:八事・自由が丘・栄・金山・白壁・名駅・名古屋市守山区・千種区・名東区・北区・東区・天白区・緑区・昭和区・西区・瑞穂区・中区・南区・港区・中村区・中川区・熱田区・春日井市・瀬戸市・北名古屋市・岡崎市・扶桑町・尾張旭市・豊田市・長久手町・日進市・東郷町・小牧市・一宮市・江南市・豊山町・春日町・犬山市・稲沢市・清須市・甚目寺町・東海市・刈谷市・多治見市・土岐市・瑞浪市・

 

*****************

椎間板ヘルニアではこんな症状の方が来院されています。

↓↓↓↓

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛でこまっている。

ぎっくり腰になり整形外科で椎間板ヘルニアと診断された。

椎間板ヘルニアの手術をすすめられたけど、手術はしたくない。

椎間板ヘルニアの手術をしたけど、治らないので困っている。

椎間板ヘルニアと診断されて、ブロック注射をしたけど良くならない。

軽い椎間板ヘルニアで症状が変わらないので経過観察といわれて困っている。

椎間板ヘルニアといわれたが、牽引・低周波・温熱・マッサージをしてもよくならない。

椎間板ヘルニアで、足がしびれている。

椎間板ヘルニアで手術をしても5分5分だといわれて困っている。

椎間板ヘルニアで腰が痛くて夜も寝られない。

椎間板ヘルニアでお尻が痛く、座っていられない。

椎間板ヘルニアで寝たきりの生活をしている。

など、いろいろな症状・お悩みは理学整体で改善できます。

 

 

椎間板ヘルニア/脊柱管狭窄症/腰痛/治療法/治し方/名古屋市東区/大曽根/理学整体/鬼頭健康院

今月のキーワード:理学整体 兵庫県 /理学整体 大阪 /理学整体 浜松/ 筧利夫 理学整体/酒井和彦 理学整体 /あいば理学整体院 /腰痛・鎮痛剤・広背筋の歪み・整形外科医と理学療法士・整体・不妊改善・脊柱管狭窄症 病院ランキング ・脊柱管狭窄 水泳・頚椎ヘルニア 治し方・脊椎管狭窄症の手術・椎間板ヘルニアの治し方・体幹反射 ・ヘルニア 低周波・膝痛 鎮痛剤・椎間板ヘルニアの見分け方・名城病院・ 坐骨神経痛 治療 名医 名古屋・日本整体院・腰痛 菊池臣一・マッケンジー法 腰痛 ・腰痛をめぐる常識の嘘

治すとは何か?

●治すとは何か?
  それは元通りにする事。でも、本当に元通りにしているのか?椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症の手術は、完全に元には戻していません。
  椎間板ヘルニアの場合、その飛び出していた髄核を取って、神経の圧迫を取り除けますが、髄核をまた椎間板の中に戻すわけではないので椎間板は正常な状態でないままです。
  脊柱管狭窄症の場合、削ったり、脊椎を金属で固定する事もあります。特に金属で固定した場合、その部分の動きはなくなります。その場合、他に負担がいくはずです。
  手術して治したつもりでも、元どおりになっていないのです・・・だから、手術したからこそ気をつけて生活しなければなりません。
  椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症がすべての原因でない場合もあるので、他の異常は放置したままで治していない事は多々あります。

何を治したいのか?

●何を治したいのか?
  何を治したいのか?患者さんの希望は、痛み・しびれなどの症状をなくしたい。でも、その原因は症状の出ている部位ではないと医者は言う。
  椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症で神経を圧迫しているから腰痛や坐骨神経痛が現れると言われる。そうなると手術しか神経の圧迫を除く事はできない。ひどければ、手術を勧められる。
  しかし、軽度なら手術するほどではないと言われる・・・その場合、ブロック注射をしたり、リハビリで牽引や低周波・温熱・マッサージなどをおこなう。 それで、楽になるなら良いけどその場合は何を治したのだろうか? 楽にならない場合は、手術をすすめられるでしょう。

局所にとらわれるな

●局所にとらわれるな 
  椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などと言われるとそればかり気になってしまう。でも、それだけしか悪い所はないのか?腰が痛いといっても骨が痛いというケースは少ない。筋肉のところが痛い、奥のほうが痛い。坐骨神経痛にしてもそうだ。
  では、痛いところは何がどうなっているのか?整形外科では、レントゲンやMRIの写真を見て話すだけで、患者さんの体を触らないなんて所もある。だから、何がどうなっているのか?よくわからないなんて話はよく聞きます。 腰が痛いなら、腰の動きや形、筋肉の硬さや腫れ具合がどうなっているのか調べてもいいと思います坐骨神経痛があるなら、臀部の筋肉の状態、股関節の動き、膝関節の動きなど調べてもよいはずです。 (SLRテスト・打腱器による腱反射など調べる所はありますが・・・)

  ●腰椎は脊柱の一部だから脊柱全体の並び・動きはどうか?
  ●その脊柱を支える筋肉は脊柱起立筋を含めた背部全体の筋肉と体の前面にある筋肉 はどうなっているのか?
  ●手や足の場合でも肩関節の筋肉が胴体から始まる筋肉が腕に付き、股関節は腰部や 骨盤から始まる筋肉が大腿に付いて動かすので、胴体と非常に関係します。

  このように局所だけでなく、そこと関係する所もチェックしなければいけません。 手術で椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症を治しても腰が曲がっていたら腰は元通りになっていません。体が傾いていたら、やっぱり腰が横にまがったまま。腰が歪んでいるということはカラダ全体が歪んでいて、体が歪めば手足の動きに異常が出るはずです。

症状にとらわれるな

●症状にとらわれるな
  ブロック注射したら、楽になった。鎮痛剤使うと楽になる人がいます。楽になるのはいいけど、何も治っていません。
  「そんなこといわれなくても知ってる。でも、痛みを何とかしたいから。」と言うでしょう。
  痛いのはつらいです。そのために薬を使うのも良いでしょう。でも、痛みの原因を治さなければいけません。薬でごまかしているうちにどんどん悪化していきます。そうなると治るものも治らなくなってしまう。
  椎間板ヘルニアと言われてブロック注射して楽になっても何を治したのでしょう?椎間板ヘルニアは治りません。
  では、なぜ椎間板ヘルニアになったのでしょうか?脊柱(椎体)に無理がかかり、椎間板の中の髄核が押し出されたのです。
  では、なぜ脊柱(椎体)に無理がかかるようになったのでしょうか?どんどん元をたどってその経過を考えなければいけないのです。
  痛いのはつらいから、どうしても自覚症状をどうにかしようと考えます。症状は結果ですからその本当の原因を考えなければなりません。前項に書きましたが原因を一部だけで考えるのではなく、関係する所すべてチェックしなければなりません。本当は、10ヶ所異常があるのに、腰の1ヶ所だけ治療しても、残り9ヶ所はそのままならその影響を受けなかなか治りません。

西洋医学(現代医療)では治せない

●西洋医学(現代医療)では治せない
  腰痛や坐骨神経痛やしびれは、西洋医学的に考えると神経圧迫が原因としか考えていません。それが椎間板ヘルニアだったり、脊柱管狭窄症だったり。
  手術はひどい人の場合だけで、ほとんどの人は、ブロック注射、鎮痛剤などの薬物療法かリハビリでの牽引・温熱・低周波などをおこないますが、すべて対症療法中心。
  これでは、一時的に症状を抑えることはできるけど完治は難しい・・・手術も本当の意味では、治していない。抑える事ができているうちはよいかもしれない。しかし、抑えられなくなった時はひどい状態で治すのが大変です。腰痛だけでなく、現代医療は対症療法が中心です。
  内科の疾患でも原因の解決というより、いま起こっている異常を薬で調整している事が多い。例えば高血圧がいい例です。心臓や腎臓の異常などで高血圧の人もいますが、ほとんどの人が原因不明です。だけど、高血圧が続くといろんな問題がおこってくるのでとりあえず、薬で血圧を下げておきましょう。というかんじです。

 ●治すとはなにか?
  局所にこだわるな、
  症状にこだわるな、
  からだ全体の機能を元に戻すこと。

理学整体でお悩みを解決しませんか?

理学整体でお悩みを解決しませんか?
このようなことで困っている人から相談があります。
上半身の悩み
   ・いつも肩がこっている。
   ・肩こりがひどくなると頭痛になる。
   ・むち打ちで首を痛める。
   ・寝ちがいで首が回らない。
   ・頚椎ヘルニアで手がしびれる。
   ・五十肩で腕を動かすと痛い。
   ・肩甲骨の辺りがこる。
   ・背中が痛い。
   ・運転すると肩がこって、頭痛になる。
   ・朝、起きた時にわき腹が痛くて動くのが辛い。
   ・首を回すと手がしびれる。
下半身の悩み
   ・朝、いつも腰が痛い。
   ・ゴルフの後、いつも腰が痛い。
   ・よくぎっくり腰になる。
   ・ぎっくり腰をしてから、いつも腰が痛い。
   ・椎間板ヘルニアといわれたが手術をしたくない。
   ・椎間板ヘルニアの手術をしたが、痛みやしびれが残っている。
   ・歩いていると足が重くなったりしびれたりして歩くのが辛い。(脊柱管狭窄症)
   ・坐骨神経痛で困っている。
   ・足に力を入れにくくなった。
   ・仰向きでなると腰が辛い。
   ・太ももの裏が痛くなる。
   ・お尻から足首にかけて、痛みとしびれがでる。
   ・こむらがえりがよくおこる。
   ・すべり症で腰が痛く両足がしびれている。
その他
   ・朝、起きる時全身がだるい。
   ・股関節脱臼の後遺症で股関節が痛い。
   ・足の裏が痛くなる。
   ・膝が痛く、正座できない。
   ・背中が痛くなると胸が苦しくなる。
   ・耳鳴り
   ・妊娠できない。(検査しても異常なし)
   ・胃腸が固まったような感じ。
   ・側わん症で少しでも歪みを戻したい。
   ・尿もれで困っている。

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰痛でお悩みなら

理学整体 鬼頭健康院 TEL 0561−63−4499

愛知県長久手市宮脇308番地
>>鬼頭健康院 ブログ

 

理学整体 鬼頭健康院 関連リンク

http://www.kitou-kenkouin.com/
http://ameblo.jp/seitaisi/
http://rigakuseitai.com/
http://rigakuseitai.com/abc/
http://rigakuseitai.com/kkj/
http://rigakuseitai.web.fc2.com/top.html

Copyright(C)2009  鬼頭健康院 All Rights Reserved.
Template design by Nikukyu-Punch inserted by FC2 system